知ってる?モーニングアフターピル

いわゆる緊急避妊薬、モーニングアフターピルについて理解を深めましょう。女性にとって避妊は大切な行いですが、きちんと避妊をしても場合によっては妊娠を避けられないことがあります。そんな時にモーニングアフターピルを使用してください。

モーニングアフターピルのおすすめ服用方法と病院処方

モーニングアフターピルのおすすめの利用法はセックス直後に服用するということで、これによって避妊成功率がほぼ100%になるので、セックスの時にコンドームが破損していたり、膣内射精をされたとしても性交後すぐにモーニングアフターピルを服用することで妊娠を防ぐことができます。病院で処方してもらうこともできるのですが、おすすめの方法としてはインターネットでの購入で、個人輸入をすることによって、安い価格でジェネリック医薬品などを購入することができるので病院を受診して検査などを受ける手間を考えるとストレスが少なくなります。モーニングアフターピルは性交後72時間以内に服用すると高い確率で避妊することができるので、低用量ピルよりもおすすめなのですが、作用が強いので毎日継続して服用することはできません。また病院で処方される場合には医師による説明や血栓症のリスクの検査をすることができますが、ネットで購入した場合には必要な知識がない状態でも服用できるので、血栓症やその他の副作用のリスクが高まります。モーニングアフターピルは緊急時に服用することができる薬なのでセックスをする度に服用していると体への負担が大きくなり、血栓症のリスクも高まります。長期間服用を続ける場合には低用量ピルや超低用量ピルを服用する必要がありますが、服用方法が難しいので病院で検査を受けてから処方してもらうほうが安全です。モーニングアフターピルの副作用としては一時的な吐き気や頭痛の他にも月経過多や不正出血などがあるので、これらの症状が出た場合にはモーニングアフターピルの服用を控えるようにして病院を受診して医師や薬剤師の指示に従う必要があります。